トピックス Blog

その他の矯正装置について

2022年2月2日

拡大床

拡大床(かくだいしょう)は、歯列の幅を横に拡げたり、数歯の移動を目的とした装置です。乳歯、あるいは乳歯が永久歯に生え変わる混合歯列期の不正咬合の治療によく用いられ、まだ顎の骨が成長過程で柔らかい状態の時期に少しずつ顎を広げていきます。取り外しも可能なため、お子さんにも負担も少なく治療を行っていただけます。

インビザライン・ファースト

6〜10歳前後のお子さまの顎の発育をサポートし、これから生えてくる永久歯のためのスペースを作り、同時に歯並びを整える治療(1期治療)で、小さな歯にフィットし、これから生えてくる永久歯用のスペースを確保するようデザインされています。また10代から行えるアライナー矯正、インビザライン ・ティーンもあります。

インビザライン・ファーストの
メリット
  • 装置が目立たないので見た目のストレスもなく、笑顔になれる
  • 期待される治療経過と結果を見ることができる
  • 指しゃぶりや舌の突出癖などの習慣をサポート
  • 2期治療(永久歯が生え揃ってからの矯正治療)がより簡単になる
  • 食べたいものを食べたい時に!
  • いつもの歯磨きで口腔内を健康に!
  • スポーツや楽器の演奏も自由に!
気づかれにくい矯正装置で歯並びをキレイに
インビザラインについて
Invisaline