入れ歯 false teeth

当院の入れ歯治療

快適な入れ歯生活を送りましょう

基本的には型を採り入れ歯を作っていきますが、入れ歯が合わない・痛いということが少なくありません。入れ歯はただ作れば良い訳でなく、部分入れ歯なら入れ歯を支える歯の状態、総入れ歯なら骨の状態をしっかり診てからでないと満足いく入れ歯はできません。
入れ歯を使い、お煎餅やピーナッツなど硬い物を食べられる自分を想像したくはありませんか?
簡単に手に入る入れ歯は例えるとプレハブ小屋のようなものです。
満足いく入れ歯は基礎工事をして、設計・施工する注文住宅と同じです。当院では、痛みや違和感が少なく患者さんのお口に合う入れ歯を作製しています。入れ歯でお悩みの方や作製を希望される方はお気軽にご相談ください。

院内技工による精密な入れ歯でより快適にMade to order
院内に技工士が常駐していますので、患者さん一人ひとりのお口にぴったりと合うオーダーメイドの入れ歯を作成することができます。患者さんのご要望など、直接院内技工士に相談できることで満足のいく入れ歯を完成させることができます。入れ歯が合わないなど不満に思うことがあればお気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

レジン床義歯

人工歯、床(歯ぐきの部分)の素材が、レジン(樹脂)でできている保険適用の入れ歯です。部分入れ歯の場合は、金属の留め具が必要になりますので、入れ歯装着が目立ちます。床に一定の厚みが必要なため、装着時の違和感や、食べ物の温度が伝わりずらいといったデメリットがあります。

金属床義歯

金属素材でできた入れ歯です。レジン床義歯より薄く作ることができますので、装着時の違和感が少なく、食べ物の温度も伝わりやすいので、自分の歯と同じように食事を楽しむことができます。

ノンクラスプデンチャー

クラスプと呼ばれる金属の留め具がない部分入れ歯のため、入れ歯を装着していることがわかりづらいのが特徴です。また、歯を固定するための装置、床部分がやわらかい素材でできているため、装着時の違和感もほとんどありません。

コンビネーション(ノンクラスプデンチャー+金属床)

ノンクラスプデンチャーと金属床を併用することで、ノンクラスプデンチャーの審美性と、金属床の温度が伝わりやすく薄く作製できるというメリットを併せ持った入れ歯です。

技工士による精度の高い補綴物

技工所・技工士常駐Dental technician

院内に歯科技工所があり技工士が常駐していますので、詰め物や被せ物、入れ歯など技工物の作製・調整は当院にて行うことができます。作製前に技工士に患者さんのお口を実際に診てから調整及び設計を行いますので、より精密に作製することができます。

技工士へのインタビューQuestion
Q.院内に技工士がいるメリットを教えてください。
患者さんの考えや要望が、歯科医師を通してでなく、実際作る技工士と直接会話ができることです。
また、入れ歯作りにこだわった機械を導入してることで精密な入れ歯が完成させられることもメリットです。(入れ歯作りがシステム化されてる)
Q.入れ歯を作製するうえで大切にしていることは何ですか?
見た目を良く見せること(審美性)や、入れ歯を安定させることです。
ただし、オーダーメイドでこだわって作るため時間はかかります。(10日〜2週間ほど)
Q.どんな場合に相談すれば良いですか?
繰り返し入れ歯が割れるなどのトラブルが発生する場合や、見た目(審美性)や費用について気になる場合にご相談ください。
初めて入れ歯を作る人も、今の入れ歯を作り直したい人もお気軽にご相談ください。

費用について

金属床コバルトクロム 200,000円
金属床チタン 250,000円
ノンクラスプデンチャー(4本以下) 90,000円
ノンクラスプデンチャー(5本以上) 150,000円
コンビネーションデンチャー 200,000円~400,000円
陶歯(セラミック) 10,000円/1歯

※費用は税抜き表記です。

自費診療のお支払いは
クレジットカード及び電子マネーによる
お支払いも可能です

  • クレジットカード

  • 電子マネー