小児歯科 pediatric

小児歯科について

まずは歯医者に慣れてもらうことから始めます

むし歯予防が定着してきて、むし歯になるお子さんが少なくなってきましたが、歯医者を怖がるお子さんはまだまだ多くいらっしゃいます。
当院では、まず歯医者に慣れてもらうことを第一に考え、無理な処置は行わず、お子さんのできる範囲から始めていきます。
子どものむし歯予防はご家族の協力がとても大事になってきますので、一緒に協力してお子さんの口腔内を守っていきましょう。
ただ、急を要する場合などご希望があれば抑制下での処置も行っています。お気軽にご相談ください。

キッズスペースを
設置しています
お子さんが待ち時間に退屈しないようにキッズスペースを設置しています。おもちゃで遊ぶことはもちろん、TVモニターもありますのでアニメを見ることができます。

子どものむし歯・歯肉炎予防

小さいうちから予防する習慣をつけさせましょう

お子さんの予防は、ご家庭での毎日の歯みがきが基本ですので、磨き残しの少ない正しい磨き方を覚える必要があります。
当院では、お口の中を撮影してモニターを見ながら分かりやすく教えています。また、フッ素を塗ってむし歯になりにくくする方法や、むし歯になりやすい奥歯の溝にプラスチックを埋める「シーラント」にも対応しています。

予防方法

ブラッシング指導
年齢や歯並びによって口腔内の状態はさまざまなので、一人ひとりのお子さんに合わせた歯磨きの方法を教えています。小学校高学年くらいまでは、親御さんによる仕上げ磨きを行うことも重要で、仕上げ磨きについても教えています。
フッ素塗布
歯質を強化し、むし歯になりにくくするフッ素を歯の表面に塗ります。フルーツなど色々な味から選ぶことができますので、お子さんのお好きな味を選んで一緒に歯を強くしていきましょう。
シーラント
6歳臼歯など生えたばかりの歯は溝が深く、磨きにくくてむし歯になりやすいです。シーラント剤を溝に埋めることにより、溝が浅くなり磨きやすくなったり、シーラント剤からフッ素が徐放されて歯の強化も期待できます。大事な大人の歯は生えてきた時から守っていきましょう。

食育について

子どもの健やかな成長のため食育指導を行っています

歯の役割・食べることの大切さ・噛むことの大切さを知り食事を楽しむことや、正しい食生活を身に付け健やかな成長に導くことを食育と言います。
当院では、お子さんの食習慣を正し、食育を通して正しい成長を促すようにサポートします。
食事の際に必ず噛むという動作が発生しますが、この「噛む」ことがお口の健康・発育に大きな影響を与えます。小さい頃の習慣が大人になっても続くため、食べ物をよく噛むことを意識して過ごしましょう。

しっかり噛むことのメリット

むし歯の予防
噛むという動作には唾液の分泌を促す効果があり、唾液には食べ物の残りかすや細菌を洗い流す作用があります。噛む回数が増えることで唾液が増え、むし歯菌が増殖するのを防いでくれます。
歯並びの悪化抑制
噛むことで顎に適切な刺激を送り、顎骨の成長を促します。顎骨の成長によって正しい位置に歯が生えるスペースの確保ができ、歯並びが悪化する確率を下げることができます。
カウンセリングにどうぞお越しください
0565-27-8080 WEB予約