一般歯科 general

当院の一般歯科

痛みや歯の保存に配慮した治療を行っています

歯が痛い、歯がしみるなど歯に関するお悩みを何でもお気軽にご相談ください。当院では、なるべく痛みが少なくなるように、表面麻酔や電動麻酔、極力細い針を使用するなど痛みに配慮した治療を行っています。
また、歯は削ると2度と元には戻りませんので、なるべく削らないで治療できる方法を考えたり、削る場合でも削る量を最小限に抑えられるような治療を選択しています。お気軽にご相談ください。

こんな場合はご相談ください
  • 歯が痛い
  • 被せ物・詰め物のトラブル
  • 根管治療
  • 歯肉炎
  • 顎関節症
  • 口内炎
  • 歯がしみる
  • 歯の欠け・割れ
  • 歯槽膿漏
  • 親知らず
  • 粘膜の疾患
  • 口腔内のケガ など

治療の流れ

01.カウンセリング
受付時にご記載いただきました問診票をもとにカウンセリングルームにてカウンセリングを行います。どんな症状がいつからあるのかなど、症状を詳しくお伺いします。ご希望の治療や不安に思うことなどございましたらお気軽にご質問ください。※応急処置が必要な場合は応急処置を行います。
02.検査
必要最低限の検査として、口腔内全体のX-rayと写真を撮らせていただき全体を把握します。
その後、追加で必要な検査があれば資料をとらせていただきます。
不必要な検査や希望しない検査があれば行わないので一度ご相談ください。
03.治療計画の説明
検査結果をもとに、現在の口腔内状態の説明、治療計画の説明を行います。
診断結果、治療内容や時間、必要な費用、ベストな治療方法やそれに替わる案、放置したときのリスクなどを説明します。 分かりやすく丁寧に説明することを心掛けていますので、分からないことなどございましたらお気軽にご質問ください。
04.治療
治療計画に納得をいただけましたら治療を開始していきます。
なるべく痛くない、削らない、抜かない治療を心掛けています。

むし歯を削った場合は

金属を使用しないメタルフリー治療

保険治療でよく行われる金属の詰め物はセメント(接着剤)が溶け出した隙間からむし歯菌が侵入したり、歯に亀裂を生じさせてしまったり、見た目だけではなく新たにむし歯の原因になります。
詰め物を外すと中が黒くなっていることも少なくありません。
最近金属を使用しないメタルフリー治療を選択される患者さんが増えています。また、金属を使用しないので金属アレルギーの心配もありません。過去に治療し銀歯が気になる方もセラミックに変更することができますのでお気軽にご相談ください。

歯を削る量を抑えるダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、むし歯を削った箇所にセラミック粒子入りのハイブリットレジン(CR)を使用して直接詰める方法です。
むし歯の部分のみピンポイントで削るため、歯を削る量を最小に抑えることができます。
また、天然の歯に近い自然な色や形を再現でき、即日で治すことができます。

費用 ただいま準備中です

※費用は税抜き表記です。

より自然で美しい見た目にしたい方へ
審美治療について
Cosmetic

歯髄保存療法

可能な限り歯の寿命を延ばす歯髄保存療法

歯髄保存療法とは、むし歯が進行してしまい、通常であれば神経(歯髄)を取る必要があるような症例に対し、可能な限り神経を「残す」治療のことです。通常の治療方法だとむし歯が神経まで進行してしまった場合、むし歯部分と一緒に神経まで除去していましたが、歯髄保存療法は歯の神経が露出してもその部分をMTAセメントで覆うことで神経を保存することができます。歯の神経は一度除去すると二度と元には戻らず歯の寿命が短くなってしまいます。歯髄保存療法により、なるべく神経を残すことにより歯の寿命を延ばすことができる可能性が高くなります。

費用 40,000円~100,000円

※費用は税抜き表記です。

歯の寿命を延ばすために予防に取り組みましょう

むし歯や歯周病を予防していつまでもご自身の歯で美味しい食事をしましょう。
当院は予防処置にも力をいれていますのでお気軽にご相談ください。

むし歯にならない健康な口内に 予防処置について
Prevention

保険治療と自費治療の違い

保険治療は病名がつけば、誰もが平等な治療が
受けられるように考えられた良いシステムです。

ただ、財政上限られた材料でしか治療が認められてないため、常にベストな治療ができるとは限りません。 自費治療は限度がなく自由に材料を選択できるため、むし歯になりにくかったり、噛みやすかったり、見た目や歯の長期保存などベストな治療が可能となります。また病名のつかないもの(すきっ歯の間を埋めたい、歯を白くしたいなど)は、基本的に自費治療です。

高級な靴や車と歯の被せ物を同じ感覚で捉えていませんか?
高級な靴は大事な時にだけ使い、大切に扱って初めて長持ちしますが、歯は大切に扱うことができても使わないでおくことができません。
毎日硬いものや冷たいものなど様々なものを噛み潰す環境の中で長期に使用できる材質でなければなりません。
また、歯科治療は時間がかかり、費用が高いイメージがあるかもしれませんが、保険治療でも自費治療でも1つ1つオーダーメイドで作ります。オーダーメイドのスーツと同様、時間も費用もかかるのです。
ただ、銀歯(保険)か、白い歯(自費)か、ではないのです。
将来自分の口腔内がどうなりたいかだと思います。笑った時にキラッと金属が見えるかキラッと白い歯が見えるか、ダメになったらその都度やり直すか長持ちできるものを入れるか。
まずは目先のことでなく、将来のことをイメージされてから選択されると良いでしょう。