トピックス Blog

ダイレクトボンディング

2022年1月31日

できるだけ削らずに
綺麗な歯を手に入れる治療方法

歯の隙間やむし歯などで歯を失った部分に、コンポジットレジンと呼ばれる材料を、直接詰めて光で硬化させる治療法をダイレクトボンディングといいます。ダイレクトボンディングは、むし歯になってしまった箇所をピンポイントで削るため、歯を削る量を最小限に抑えることができます。また、金属を一切使用しないため、金属アレルギーの方も安心して治療に臨んでいただけます。

1日の通院で治療終了
歯を削る量が少ない
歯を理想の形に
修復できる
天然歯と同じような
自然な
白さの
仕上がりになる
破損しても
修復が簡単
ダイレクトボンディングは
自費診療の治療です。

「ダイレクトボンディング」は保険治療とは違う材料や機材を使用し、より審美面にこだわった治療方法となっています。
ハイブリットセラミックと呼ばれるレジンの審美性を高めた素材を使用し、樹脂の扱いやすさを持ちながら天然歯に近い見た目を得られるのが特徴です。