トピックス Blog

治療方法

2019年8月18日

口腔内環境の改善

歯周病の進行度にもよりますが、まずは口腔内環境を整えることから始まります。磨きやすい環境をつくることが大事なので、必要があれば歯に合ってない詰め物・被せ物を外す場合もあります。

クリーニング

初期段階の歯周病であれば、お口の中をお掃除して清潔な口腔内環境に整えることから始めます。毎日の歯磨きでは落とし切れない歯石を、専用器具を用いて取り除くスケーリングや、歯の表面の汚れを落とし滑らかにすることで歯垢の付着を防ぐ、SRP(スケーリング・ルートプレーニング)を行い、歯周病の改善を行っていきます。

歯周外科治療

歯周病が悪化してしまった場合は、クリーニングだけでは改善できませんので、外科的処置が必要になります。
クリーニングでは除去できない歯石などを、歯ぐきを切開し歯根を露出させてから取り除いていく外科治療を行います。