トピックス Blog

キャンセルポリシー

2021年9月18日

こんにちは。
いつも数ある歯科の中から、つづき歯科をお選びいただきありがとうございます。

当院では、地域の患者さまの口腔内はもちろんのこと、全身の健康維持増進ため日々診療を行なっています。
この先も診療を進めるにあたり、当院から患者さまにお願いがあります。


ここ最近、当院を受診される患者さまの数が増えてきています。
それに伴い、予約をお取りするのが難しくなっており、曜日によっては2ヶ月待ちという状況になりつつあります。
(2021年9月現在)


治療が終了し、健康または病状が安定した状態に移行し、それを維持するためには、我々歯科側の努力はもちろんですが、患者さん側のご理解とご協力が必要となってきます。


このため、この機会に当院ではキャンセルポリシーを掲げることとしました。
(※キャンセルポリシーとはキャンセルについての注意事項などをまとめたもののことです。)



★キャンセルポリシー★

1.必ずご予約を取ってからご来院ください


ご来院される患者さん皆さんに公平かつ適切な医療を提供するためには、その診療に必要な時間と準備と診療台の確保が必要になります。
そのため当院は予約制となっていますので、ご予約は受付で直接お取りいただくか、お電話、Web予約、LINEやメールにてお願いします。

・Web予約は初診の患者さま向けに時間が多く取れる日時で設定していますので、再診の患者さまやもっと日にち早く予約取りたい患者さまは直接お電話にてお問い合わせください。

・診療時間外に確認したLINEやメールでのご予約のお問い合わせは、次の診療日にご返信いたします。



2.ご予約時間は必ずお守りください

お約束の時間を過ぎた場合、次の患者さまのご迷惑になりますので、処置時間を短縮するため、その日予定していた処置が行えない可能性、または一部内容を縮小する可能性があることをご了承ください。

お仕事や急用など、やむを得ず遅刻してしまう場合は、来院前にお電話にて到着予定時間をご一報いただければ幸いです。



3.ご予約の変更・キャンセルは早めにお知らせください

基本的にはできる限りキャンセルはしないようにお願いしたいところですが、体調不良やお仕事等、仕方ない理由でご予約の変更・キャンセルをせざるを得ない場合もあるかと思います。
その際には可能な限り、ご予約日の前日の診療終了時までご連絡いただくか、LINEやメールにて変更手続きをお願いします。



4.ご連絡なしの無断キャンセルはおやめください

ご予約時間までに変更・キャンセルの連絡をせずに来院しないことを、歯科では無断キャンセルといいます。

無断キャンセルが2回連続で続いた方は、信頼関係の構築が困難となるため、それ以降の診療の予約をお断りさせていただきます。
痛みがある・腫れているなどの急性症状を有する際には応急処置のみ行わせていただきますが、急患対応となり、順番が空くまでお待ちいただくことになりますのでご注意ください。


特に土曜日など、次回のご予約がだいぶ先になる場合に無断キャンセルが多いことがあります。
当院はアポイントを電子化してますので、事前に患者さんのスマホに「○月○日に予約が入っている」という旨の通知を送ることができます。また、ご希望であれば事前にアポイント確認のご連絡もさせていただきます。
この通知をしても尚、キャンセルや遅刻をされる方に関しまして、当院としましては「通院の意志が乏しい」と判断せざるを得ませんので、良好な信頼関係は得られないと考えております。

この場合、
歯科医師法19条1項:応召義務(特別な事情がない限りは患者からの診療の申し出を断ってはならない義務)の対象者から外れるため、上記した通り、診察のご予約をお断りさせていただきます。


ほとんどの歯科医院は予約制のところが多いです。
歯科医院の場合、患者さまの診療内容があらかじめ決まっていることが多いので、ホテルや飲食店、美容院のように患者さまがご来院される前に機材やお薬などを準備しています。
また、カルテやレントゲンなどの資料を見て、治療やメインテナンスの計画をたて、考えながら準備をしています。

もし、それを無断でキャンセルされてしまうと、治療計画通りに進まず、予定通り治療が終わらなかったり、予定より治療期間や回数が増えてしまったり、もしかしたらその歯を温存することができなくなってしまうかもしれません。




最後になりますが、私たちスタッフも治療に遅れが出ないように意識しております。
そして治療の質も維持しながら日々診療を行っていきます。
『予約というものは患者さんとの約束である』ということを忘れず取り組んで参りますので、何卒ご協力のほどお願い申し上げます。


つづき歯科 院長